プロフィール

奥中真緒

Author:奥中真緒
大阪在住の社会人2年目。
営業うーまんやってます♡
グルメ、旅行、ホテルステイ、テニス、サッカー観戦、野球観戦などなど多趣味。
食べログではnana8で登録しているのでそちらもよろしくです。

↓ランキングも参加中です↓

t食べログ グルメブログランキング


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

j2.jpg

道頓堀にNew Openした焼きそば専門店!
お好み焼き屋さんはたくさんありますが
焼きそば専門店ってメスらしいですよね~

気になるメニューがあったのでサクっと注文。

焼きそばにセットになっている牛筋スープ。
j3.jpg

ちょっと甘めの味付け。
牛筋のうまみがしみでています。
ねぎのしゃきしゃき感も楽しい!

トマト焼きそば。
j4.jpg

麺が生麺風パスタ。
もちもちっとした面にトマトとソースが絡みます。
トマトで後味さっぱりなのが嬉しいですね。

カライブ焼きそば。
j5.jpg

名前にひかれて頼んじゃいました(笑)
海鮮のあんにぱりぱりのそばがたっぷりかかっています。
食感が楽しい一品です。

イベリコ豚のハンバーグ。
j6.jpg

可愛いビジュアル!
ふっくら焼き上げられ、
おはしを入れるとじゅわ~っと肉汁があふれてきます♪

すでに常連さんもおられるみたいで、
外国の観光客の方もいらっしゃいましたよ!



関連ランキング:焼きそば | 大阪難波駅日本橋駅近鉄日本橋駅


de3.jpg

念願のデリチュースさんのチーズケーキを求めて
箕面ドライブの一番に組み込みました♪

中にはイートインコーナーがあるものの
ほんの少しなのですが
テラス席がとっても気持ちいい~!

頼んだのはもちろん「デリチュース」。
de1.jpg

ドレッセして出てきます。
季節のフルーツが嬉しいですね。

お味はほんと濃厚の一言につきます!
でも後味さっぱり。
絶妙な加減がすばらしいですね。

一口一口がしあわせでした。

セットにしたのは「マスカットティー」。
te13.jpg

季節限定のもので
とっても香りが豊かで夏らしかったです。

お土産にスコーンを。
以下4つ入りで販売されています。
de4.jpg
de5.jpg

ざっくりほろほろ。
バターの香りも芳醇です。
おうちでのティータイムにぴったり!

近所にあったらヘビロテしそうです(^^)


関連ランキング:ケーキ | 北千里駅


iv1.jpg

苦楽園にあった
大人気のイタリアンが肥後橋に!

ずっと行きたかったので早速予約しました♪

iv2.jpg

レトロなビルの階段を上がると
光がさんさんと降り注ぐ素適な空間が。

メインもいただけるランチをチョイス。
グラスワインをいただきます。
iv4.jpg

まずは本日の前菜。
iv5.jpg

カラフルで目にも楽しい一皿で♪

特にオリーブオイルとお塩を胡椒でいただく温泉卵、
しっとりお肉の味がする自家製の生ハムが美味~!

これだけでワインがすすんでしまいます!

フォカッチャ。
iv6.jpg

中も外もしっかり目で
ローズマリーがきいてます。

パスタは2種から選べます。
ひとつは「赤海老のトマトクリームソース 山椒風味」。
iv7.jpg

赤海老の殻やみそからでる旨みが
すべてソースに閉じ込められてパスタに絡んでいます。
パリパリっと赤海老の食感も楽しいです♪

そして最後に山椒が鼻に抜けるのが心地よい。
一口で味がだんだん変化していくのが面白い一皿です。

もうひとつは「鯵のトマトソース」。
iv8.jpg

こちらはフレッシュなトマトソースに
鯵のコクが加わっています。
身がごろんごろんと入っているので食べごたえも抜群!

メインはお肉かお魚から選べます。
まずはお肉の「フランス産鴨のロースト」。
iv9.jpg

これやばい!って叫びそうになりました(笑)
どーんとビジュアルがすばらしい!
やっぱり鴨はこれくらいガツンと食べたい♪

パリっと香ばしく焼かれた皮には
黒こしょうがしっかりと施されており
中はとってもジューシーに焼き上げられています。

シンプルだからこそ味わえるおいしさ。
たまらなかったです(*^^*)

お魚は「鯛のポワレ」。
iv10.jpg

とっても華やかな一皿!
冬瓜が並べられている中に
これまたなかなかの肉厚な鯛が盛られています。

赤ワインのソースがまた合います!
これまた絶品です!

ドルチェ。
iv11.jpg

バニラのジェラート、
パンナコッタの牛乳だけでつくったもの(名前失念!)、
紅茶のパウンドケーキの3種盛。

メインの時点で満腹でしたが
これは別腹(笑)

どれも丁寧に作られているのが伝わってきます。

カフェはエスプレッソ。
iv12.jpg

びしっと締まりますね。


これはきっときっと
今がチャンスです!

はやいうちに再訪しておかねば!
イ・ヴェンティチェッリ

昼総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:イタリアン | 肥後橋駅淀屋橋駅本町駅



q1.jpg

2013年6月21日にオープンされた
「Japanese Cuisine QusQus」さんにお伺いしました!

完全予約制、完全個室で、
お料理はコースのみで1ヶ月ごとに変わります。

6月のディナーです♪

・食前酒
西瓜と沖縄島マースのカクテル
q3.jpg

スイカの甘さをお塩が引き立てます。
目にもさわやかに食欲を掻き立ててくれます。

・スパークリングワイン
q2.jpg

グラスもお手頃なのがそろっているのが嬉しいところ!


・前菜
鰻と夏野菜の喝采
q4.jpg

鰻をはじめ、海ブドウやオクラ、長芋など
夏野菜がさっぱりといただけます。
凍らせたポン酢が涼やかです。

・車海老と小さな手鞠寿司
q5.jpg

プリっと香ばしく焼かれた車海老がたまりません!
旨みたっぷり、手毬寿司につまっています。

・白ワイン
q6.jpg

すっきりめのものをチョイスしました。

・すっぽんの茶碗蒸し
q7.jpg

出汁がしっかりきいている茶わん蒸し。
ぷるるんとゼラチン質がたまりません。

・お造り
q10.jpg
q8.jpg

鯛、まぐろ、イカの盛合わせ。
ハモの肝ポン酢とお醤油でいただきます。
分厚く新鮮です。

・QusQus 008
q12.jpg

これがお酒を飲む身にはとっても魅力的でした!
8種類のアンティパストが一つのお皿に並んできます。
一品一品ぬかりなく、
調理法や味付けが凝っています。
とってもお酒が進む素敵な一皿でした。

・肉料理
コトコト煮込んだ和牛ほほ肉 ~バローロと牛蒡のソース~
q13.jpg

これぞ創作和食の醍醐味ですね。
ほほ肉はまるで洋食のよう。
それにごぼうそのものの味がするソースが和風の味わいを奏でます。
お肉がほろほろで幸せすぎます。

・魚料理
銀鱈の西京焼き ~白味噌と野菜のカクテル~
q14.jpg

じっくりとつけこまれた鱈と
奈良漬がアクセントになっている野菜のカクテルが
とっても絶妙な取り合わせです。
見た目も鮮やか。

・ご飯
若鮎の炊き込みご飯、味噌汁、お漬物
q15.jpg

土鍋で炊き上がったところ。
ここから頭だけとって混ぜ合わせてくれます。
q16.jpg

よそっていただいたところ。
鮎のほくほくした身とご飯が相性抜群!
絶妙な塩加減でついついお箸がすすみます。
締めにはたまりません!

・デザート
鳴門金時と黒胡麻アイス
q17.jpg

やっぱりうれしいデザート。
濃厚かつさっぱり締めさせていただきました。


雰囲気、お料理、サービス。
どれをとってもスペシャル!
これは大切な時に使いたいレストランです♪

また必ず再訪します!

Japanese Cuisine QusQus

夜総合点★★★★ 4.0



関連ランキング:懐石・会席料理 | 長堀橋駅日本橋駅近鉄日本橋駅

pi1.jpg

2013/6/5(水)にopenした
インターコンチネンタルホテル大阪。

間もない土曜日に
そちらのフレンチの個室を貸し切って
ランチをいただいてきました(^^)

20階からの眺望は最高!
とても明るく開放的です。

個室は一転、
赤色を基調にスタイリッシュなな空間になっています。
ぜひ実際にご覧になってみてください♪

お料理はおすすめのコースで
シャンパンで乾杯です。
(メニュー名は正確なものではないのでご了承ください)
pi4.jpg

まず出てきたのがこちら。
pi3.jpg

フォークもナイフもない状態で出てきてびっくり!
シェフからのご挨拶ということで手で食べてくださいとのこと。
とっても斬新でおもしろい演出です。

上からじゃわかりにくいですが
コロッケは指で優しくつままないと壊れそうなほど柔らかかったり
あんずの下にはパイが敷いてあってフォークで食べにくそうだったり
手で食べるからこそ味わえる味わい。
とても考えられている一皿です。

パン。
pi5.jpg

形がユニークで香ばしい香りが広がります。
どれも小さいサイズながら
小麦の香りがしっかりしていて個性的。

Pierreだけのために
フランスの方がレシピを書いてくださったそうです。

無塩バターと海藻バター。
pi6.jpg

無塩バターはあくまでクリーミーにまろやかさのみを演出。
海藻バターは塩気が絶妙であっさりしているので
それだけでもワインがすすみそうなぐらい!

胡瓜のジュレ仕立て。
pi7.jpg

きーんと冷やされた器に
きれいな緑色が涼しげです。
胡瓜の甘みとみずみずしさがぎゅぎゅっと凝縮されています。
二層になっていて、下の塩気の効いたまろやかなムースと食べると
お互い引き立てあい、これまた絶品に!

ホタテのカルパッチョ。
pi8.jpg

カルパッチョとは思えない盛り付け。
貝殻にホタテ上にはキャビアがトッピングされ
いいアクセントになっています。がマリネされたもの。

まわりにはカラフルな岩塩が敷き詰められ
海藻が配置されていてまるで砂浜のようです!


ちょこんと岩塩を乗せて食べると
味が一段とひきしまり甘みが増して最高です。

舌平目のムニエル。
pi9.jpg

ソースはテーブルでほどこされます。
ふっくらしっとり焼き上げれたムニエルに
チーズをパリッと焼いたものを乗せられています。

バターのコクというよりミルク感を感じるソースをたっぷりつけて
まわりのピスタチオの香ばしさが効いています。

仔羊のロースト。
pi10.jpg

12名でお伺いしたので
丸ごと焼いてくださったので
ロゼ色が本当に美しい!

こちらもソースはテーブルで仕上げてくださいます。
まわりには羊のチーズ、アンチョビ、焼きにんにくなど、
ちょこちょこと仔羊に合わすように盛り付けられています。

それにつけながら味の変化を楽しむのが
なんとこれほど幸せなことか!

仔羊自体も柔らかくてジューシーでしたが
いろいろつけて食べるとよりそのうまみが引き立ちます。

お口直しのシャーベット。
pi11.jpg

こちらも塩が引き立てます。
さっぱり休まります。

デザート。
pi12.jpg

白いメレンゲとグレープフルーツのシャーベットなど
色鮮やかにかつ心地よいリズムを感じられるお皿に仕上がってます。

軽やかかつしっかり、さわやか。
フレンチの最後に嬉しい構成です。

紅茶。
pi13.jpg

これカップにご注目ですが
この写真では全くわかりませんね(TT)

実はソーサの模様がカップにうつりこんで
キラキラのカップに見えるんです!
ぜひ体験してくください♪

ミニャルディーズ。
pi14.jpg

最後の最後までぬかりなく
目にも口にも喜ばせてくれます。


シェフも終わりにあいさつに来ていただきました。
ニース出身でちょっとシャイなイケメンシェフです!
至福至福の3時間。

お料理はもちろんステキでしたが
こちらの今井さんとおっしゃられるマネージャーさんがステキすぎます☆
想像力を掻き立てられる全身を使った説明やお話は
思わず聞き入ってしまいますよ(*^^*)

これからもあらゆる場面で
通いたいお店になりました♡

ピエール

昼総合点★★★★ 4.5



関連ランキング:フレンチ | 西梅田駅大阪駅梅田駅(阪神)



pi2.jpg
ロビーからの景色です。
クラブラウンジからはもっと素敵ですよ~!

««BACK  | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。